仮性近視 症状

仮性近視回復LAB、子供の視力の秘密

はじめに

仮性近視とは偽近視とも言われ、「偽」という文字からも分かるように、目の調節による一時的な
近視の事をいいます。

本当に近視になったわけではないので、目の緊張をほぐすことによって視力の改善が見込まれます。
仮性近視は生活習慣が影響することが多いので、正しい姿勢や、環境を整えることで予防・改善する
ことができます。

親が気付いてあげよう

症状は遠くのものがぼやけて見えます。これは、大人ならば自分で気付く事ができますが、
こどもの場合は自分では気が付きにくく、親が気付いてあげる必要があります。

遠くの物を見るときに目を細めたり、読書の際や文字を書くときなどに顔を近付けていたり、
テレビを近付いて見るなどがあれば、仮性近視の初期症状といえます。

生活環境を整えて、予防•改善しよう

仮性近視は、普段の生活の仕方によって、予防•改善することが可能です。勉強したり、
本を読んだりする時は、姿勢を正して紙から30cm以上離し、明るい場所で見るようにして下さい。

そして、長時間にわたり目を使う作業をしないことです。
1時間を目安に、休憩を取るようにしましょう。目を休め、緊張をほぐすには、遠くを見たり、
こどもの場合はキャッチボールなどをして外で遊ばせると効果的です。

仮性近視と診断された場合には、寝る前に点眼薬を使用して改善する治療も可能です。
仮性近視の症状がみられた場合は、できるだけ早く医療機関に受診することが望ましいでしょう。

Copyright (C) 仮性近視回復LAB、子供の視力の秘密. All Rights Reserved.