仮性近視 真性近視

仮性近視回復LAB、子供の視力の秘密

近視には仮性近視と真性近視があります

近視になると遠くのものが見えにくくなり、眼鏡やコンタクトレンズを使って
視力を矯正することが多くなっています。

そして、近視にも仮性近視と呼ばれる症状と真性近視と呼ばれるタイプが
ありますので、その区別方法、見分け方についてもよく知っておきましょう。

まず、仮性近視の場合は、読書やゲームなどをして長維持間近くを見ているとき、
薄暗いところでテレビを見ているときなどに起こりやすく、特にこどもには
多い症状とされています。

この場合は長時間近くを見ることにより目の周りの筋肉が凝り固まってしまう、
目のピントの調整機能が一時的に衰えてしまう状態を指します。

このような症状の場合は、しばらく目を休めたり、遠くを眺めるなどして、
目の緊張をほぐすことで調整機能も回復し、視力も回復できるようになります。

真性近視の場合は、すでに筋肉もこり固まってしまっていますので、目を休めたり、
遠くを眺めても視力が回復するのは難しくなっています。

今はテレビゲームやパソコンが普及していることもあり、こどもの場合も
仮性近視になりやすい条件が揃っているともいえます。

真性の近視にならないためには、仮性近視の間に改善していくことが大切ですので、
長時間のゲームや読書は避け、時々目を休める、遠くを眺める、視力回復の
トレーニングを行なうことなどの努力も取り入れていきたいところです。

視力の低下をより効果的に防ぐのであれば、眼科に相談することも考えてみましょう。

Copyright (C) 仮性近視回復LAB、子供の視力の秘密. All Rights Reserved.