仮性近視 検査

仮性近視回復LAB、子供の視力の秘密

お子さんの近視は本当の近視?

近視には仮性近視と真性近視があります。近視とは、網膜よりも前に焦点があること
で起こります。

真性近視はレーシック以外に治す方法がないので、メガネやコンタクトレンズなど
いわゆる視力矯正器具を用いるほかありませんが、仮性の場合は、一時的に目の調節が
うまくいかず近視と同じ状態になっているだけなので、視力が回復する可能性があります。

ただ、放っておくと真性近視になることがあります。

仮性近視はこどもに多いといわれています。特に、小学校低学年以下の小さいこどもに
多くみられます。焦点の調節は、目の中の毛様体筋という筋肉が緊張したり、ゆるんだり
しながら目のレンズである水晶体の厚さを調整することで行われています。

こどもの場合は、まだこの機能がうまく働かない場合があります。
毛様体筋の緊張状態は、生活習慣と関係があり、ものを見るときの姿勢が悪かったり、
長時間ゲームをやりすぎたりすることで生まれます。仮性近視はこの毛様体の緊張状態と
関係するのです。

仮性近視と判定する検査

仮性近視の診断方法には、一時的に焦点の調節を取り除くサイプレジンという点眼薬を
使って行います。そして、目の屈折状態を確認します。

屈折力に異常があれば真性、異常がなければ仮性と診断されます。

仮性と診断された場合は、まず、原因と考えられる生活習慣を正し、点眼治療やワックと
いう機械を使った望遠順応訓練などを行います。

学校で行われる視力検査の結果は放置せず、早めに眼科で診断してもらうことで、
視力が改善するかもしれません。

Copyright (C) 仮性近視回復LAB、子供の視力の秘密. All Rights Reserved.